さまざまな住居のカタチ

今の世の中、世代によっても住む地域によっても住宅事情は異なっており、そして住宅・マイホームに対する価値観も多様化している様に思う。特に若い世代の住居に対する考え方は本当に様々だ。これから更に持ち家に対する価値観は多様化していくと思われるが、まだ今の段階では住居ローンを組んで家を購入するという昔ながらのパターンが多い。
昔と比べてかなり金利も低く住宅ローンを借りたり借り換えもしやすいですからね。

私は今現在賃貸マンションに住んでいるが、戸建・分譲マンション・賃貸マンションの全てに住んだ経験がある。そのうちの分譲マンションには10年程住んだ。住宅ローンを組んで中古マンションを購入してフルリフォームをした。住みたいエリアの新築物件が高かったからだ。賃貸と違い、DIYをしたりなどインテリアに凝ることが出来、自分好みの部屋にする事はとても楽しかった。中古物件をリフォームして住むと、このようなまた違った楽しみがある。

ムリなローンを組んで高価な新築物件を購入し、ローンの返済に追われるよりは、中古物件をリフォームしてのんびり住むのもアリだと思う。(中古物件購入の際は色々と気をつけるべき点はあるが)。そしていくら超低金利時代とはいえ、住宅ローンは出来るだけ早く、短期間で返済するに越した事はない。

戸建・マンション・賃貸、それぞれメリットデメリットはあるが、他人の価値観に流されず、自分のライフスタイルに合った住宅をよく見極めて、快適に過ごしていくのが良いだろう。