どちらが良いかは完済までに要する期間次第

金融商品によっては、選択肢が複数見られるケースがあります。1つだけではないのです。

例えば住宅ローンなどは、大きく分ければ2つの選択肢があります。金利が常に動いて行くタイプと、基本的に固定されるタイプがあるのです。安定感などを重視するなら、後者が選ばれるケースが多いですね。
住宅ローンの無料相談会などに参加をしてみると、最適な方法も選びやすいと思われます。

ところでどちらを選ぶべきかは、借りたいと考える金額などに左右される傾向があります。結論としては、全て返すまでの期間に左右されると考えた方が良いでしょう。短期的に返す事ができると望まれるならば、基本的には変動タイプが望ましいと考えられます。

ところが人によっては、それがある程度長めになる事もある訳です。10年などで全て返せる訳でなく、30年や40年近くかかるケースもあるでしょう。それだけの長期となると、むしろ固定タイプが推奨される傾向があります。