住宅ローンの種類と審査について

家を購入する事は多くの人にとって人生に1度の大きな買い物です。その時に組む住宅ローンも大きな支払いの一つです。住宅ローンは高額なお金を借りる事になるので、0.1%の差でも十数万円以上の差が生まれてしまいます。20年から30年と長期に渡り返済になるので確かな返済プランを考える事が大事です。住宅ローンには種類があり、銀行が提供するローンと住宅金融支援機構と民間金融機関によるフラット35という住宅ローンがあります。住宅ローンを利用するには審査が必要になります。どの銀行の住宅ローンを利用する場合でも必ずあり、物件に対する審査や借り手である契約者自身に対する審査もあります。利用者に対する審査として、一つは収入額です。借入しようと考えている金額に対する収入額が審査の要件になります。収入の安定性として勤続年数なども大きく関係してしてきます。正社員や公務員という職業や身分が安定している方が評価は高いです。正社員の場合は一般的に勤続年数は3年以上が目安になります。審査が通らないと住宅ローンは利用する事が出来ないので注意が必要です。