高齢者のためのトイレリフォーム

排泄の問題は人間の尊厳にかかわってくることです。高齢になっても、自分で用が足せるような環境をトイレのリフォームで作ることは大切なことになってきます。

すぐに思いつく対処法として手すりの設置がありますが、それを使う人にとって手すりの長さや位置が適切でないと、身体にかえって負担をかけることになってしまいます。当人の動作の確認をしつつ、必要な手すりの位置と形状を見極めて設置したいものです。たとえば、壁に手をついて便座の立ち座りを行っていたのであれば、L字型手すりを設置したり、膝痛がある人に対しては便座に腰を下ろしやすいように横手すりを設置したりなど、日常生活が送りやすいようにするリフォームが肝要です。

トイレに手すりを設置したくとも、壁がないと設置できないような場合もあります。このときには、床に固定する簡易式の手すりを使うといいでしょう。和式から洋式に便器を変更するということも、使い勝手を増すためには大切なことといえます。